今を駆ける豪華スタッフが続々参加!KleinerFeiglingの新しい魅力を引き出す新イメージビデオが公開!

ドリンク

~ショットだけではなくカクテルでも美味しく飲めるクライナーの新イメージビデオをご紹介~

株式会社シトラム(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:渡邉康太)は、女優/モデルの志田友美、映像作家の新保拓人、変態紳士クラブのGeGなど豪華スタッフによって制作されたKleinerFeiglingシリーズの新イメージビデオを12月22日より公開いたします。

■クライナーファイグリングとは

KleinerFeigling

クライナーファイグリングは原産国のドイツをはじめ、ヨーロッパ諸国でもっとも人気のあるブランドの1つとして人気を集めるリキュールです。現在はパーティドリンクとして、バーベキュー、ホームパーティなどの気心がしれた仲間たちとの集いはもちろんのこと、クラブ・DJパーティなどのミュージックイベントといったワイワイと楽しむパーティでは今、1番”アガる” 定番ドリンクとして親しまれています。

またクライナーファイグリングの特徴であるアイコニックなロゴとかわいらしい20mlのミニボトルのデザインは、若者を中心に人気が高く、日本各地のクラブシーンを中心にSNS上でも盛り上がりを見せています。

“お酒×すごろく”でさらにパーティーシーンを盛り上げる「ウェイウェイらんど!」と名付けたテーブルゲームも展開し、飲むだけにとどまらない発展を目指しています。

これまでに日本上陸を果たしているのは、フルーティで口当たりの良い味わいでシリーズ中最も人気のあるテイストになっているイチジク味の「クライナーファイグリングオリジナル」、
ココナッツとビスケットのクリーム系でお菓子のような飲みくちにハマるユーザーが急増中の「クライナーファイグリングココビスケット」、
驚くほど芳醇ないちごの香りが楽しめる「クライナーファイグリングエルドビアコラーダ」、
スカッと爽快で口の中に爽やかなミントの味わいが広がる「クライナーファイグリングペパーミント」、
パイナップルのさっぱりとした味わいの「クライナーファイグリングアナナスサワー」、
甘すぎない野いちごテイストで少しオトナな雰囲気を演出する「クライナーファイグリングワイルドベリートニック」、
テイスティングから監修までを日本で行った柑橘系のさっぱりとした香りと果実の甘みが美味しい純日本オリジナルの「クライナーファイグリングユズマンダリン」の7種類です。

■ 楽しみ方はショットだけじゃない!新イメージビデオ

▽ カクテルでも美味しく 落ち込んでいた気持ちも楽しい気分にしてくれるクライナーをイメージ

飲みやすさと可愛いボトルデザインでフェスやクラブではすでに話題沸騰中のお酒、クライナーの新規イメージビデオが公開!
映像には女優 / モデルの志田友美が主演。
監督にはOfficial髭男dism”や”あいみょん”などのMusic Videoを手掛ける人気映像作家の新保拓人氏を起用。
BGMには、変態紳士クラブのGeGによるソロ・プロジェクト曲 “Merry Go Round” feat. BASI, 唾奇, VIGORMAN & WILYWNKAを使用!
ショットだけでなくカクテルとしても楽しめ、落ち込んでいた気持ちも飲めば楽しい気分になれるというクライナーの魅力を映像化した作品となっている。

【主なスタッフ】

Director:Takuto Shimpo ( https://www.instagram.com/takuto_sbs/ )
CAST:Yuumi Shida( https://www.instagram.com/yuumi_shida/ )
Executive Producer:GeG ( https://www.instagram.com/gegismellow/ )
Music:GeG / Merry Go Round feat.BASI,唾奇,VIGORMAN,WILYWNKA ( https://youtu.be/v0ae7BCNakQ )

■ ビデオ内に登場したKleinerFeiglingカクテルレシピ例

本イメージビデオ内に登場したクライナーサワーのレシピをご紹介いたします。

クライナーサワー

クライナーサワー

KleinerFeigling オリジナル:60ml
炭酸水orトニックウォーター:150ml
カットレモン:一切れ

フルーティなクライナーの味わいを生かしながら、炭酸でさっぱりとしていて喉越しが非常に良し!
お酒が苦手な方でも楽しめる一品です。

その他様々なカクテルレシピをKleinerFeiglingオフィシャル WEBページにて公開しております。
お手軽なものから、こだわりの一品までありますので要チェック!

クライナーは500mlの大きな瓶のものも存在するので、ショットは20mlの小瓶、カクテルは500mlの大瓶と使い分けるとコスパが良いだろう。

■「Kleiner Feigling」オフィシャルページ & SNS

Kleiner Feiglingオフィシャルページ
https://www.kleinerfeigling.jp/

Kleiner Feigling Japan Instagram
https://www.instagram.com/kleiner_feigling_japan/

Kleiner Feigling Japan Twitter
https://twitter.com/KleinerJp/

Kleiner Feigling Japan Facebook
https://www.facebook.com/KleinerJP/

KleinerFeigling Official Online Shop
https://shop.kleinerfeigling.jp/

■お問い合わせ先

株式会社シトラム
https://www.ctraum.co.jp/

タイトルとURLをコピーしました