ILLENIUM(イレニアム)とは?The Chainsmokersが推す美メロDJ

DJ ライブ ステージDJ紹介

ILLENIUM(イレニアム)とは?

DJ 機材 PC ターンテーブル

ILLENIUMはメロディックなフューチャーベースをメインとしながらポップやダブステップなど様々なジャンルの曲を多く作り出しているDJで、今流行っているエモーショナルでメロディックな曲を多くリリースしています。

彼の作り出す曲は、BassnectarやPorter Robinson・Odeszaなどから大きな影響を受けたそうです。特にPorter Robinsonの影響は大きいようで、ILLENIUMは彼とコラボするのが夢と語っています。

今ではエモーショナルな曲と言ったらILLENIUMと言っても過言ではないくらいの存在になりました。

2020年のForbsが選ぶ「30歳未満の30人」の音楽部門にも選出されている、今注目すべきDJの1人です。

ILLENIUM(イレニアム)の経歴

ILLENIUMはアメリカ・デンバー出身のDJ・音楽プロデューサーです。本名はNick Millerで1990年12月26日生まれの29歳です。

シカゴで生まれ、サンフランシスコで育ったILLENIUMは、2008年頃から友人と趣味としてエレクトロニックミュージックの制作を始めました。

2012年にアメリカのDJであるBassnectarがRed Rocksでプレイしたのを見たことで刺激を受け、曲を正式にリリースすることに専念し始めました。

翌2013年にはステージ名としてILLENIUMを使い始め、活動拠点をデンバーに移しました。そしてロサンゼルスを拠点にしているレーベル「Prep School Recordings」からデビューEPとして「illunium」をリリースしました。

その後、だんだんと知名度を上げたILLENIUMは2015年にChill Harrisのツアーのサポートアクトを務めました。

勢いが加速した2016年には自身のレーベル「Kasaya Records」を設立し、自身のレーベルと「Seeking Blue Records」と共同でデビューアルバム「Ashes」をリリースしました。このアルバムは大ヒットしiTunes エレクトロニックミュージック第1位を獲得しました。

SpotifyやSoundCloudでも人気となり、数百万回再生されるヒット曲となりました。

リリースの数ヶ月後にはリミックスアルバムをリリースし、「The Ashes Tour」を行い、大成功を収めました。

このツアーには親友でもあるSaid The Skyも参加し、一緒にツアーを行いました。

また、この年にThe Chainsmokersのヒット曲「Don’t Let Me Down」のリミックスをネットにアップしたことで一躍有名になりました。

爆発的に話題となったリミックスはThe Chainsmokersの耳にも入り、ついには「Let Me Love You」のリミックスパッケージに収録されました。

このことがありThe Chainsmokersから猛プッシュを受けるようになりました。

2017年にもはアルバム「Awake」をリリースし、ビルボードダンス・エレクトロニックミュージックアルバムチャートで3位に輝きました。2019年にも3枚目のアルバム「Ascend」リリースし、ヒットを記録しました。

どのアルバムも世界観がしっかりしており、どの曲もクオリティーが高いことで人気となっています。

今までに大物DJたちともコラボを果たしており、The Chainsmokersをはじめ、MarshmelloやDJ Khalid・Kill the Noiseなどとコラボした曲を発表しています。

現在ではアメリカを中心にEDC Las VegasやULTRA MIAMIなどの大型野外フェスに出演したり、世界の超人気クラブOmniaやHakkasanなどでもプレイしており、2020年にはForbsが選ぶ「30歳未満の30人」の音楽部門に選出されています。

ILLENIUMは今までに数回来日経験があります。2018年にはEDC JAPANで初来日も果たし、日本のオーディエンスの前でパフォーマンスも披露しています。2019年にも来日をし、新宿Agehaで開催されたパーティーに登場しました。

2019年の来日の前には3枚目のアルバム「Ascend」をリリースすることを発表していたこともあり、パーティーは大盛況となりました。

今では彼の生み出すエモーショナルでメロディックな曲の虜になる人が多く、DJとしても音楽プロデューサーとしても世界的に評価が高く、ファンが多いです。

DJを始めた当初はダブステップの曲をリリースしていた

今となってはエモーショナルなフューチャーベースなサウンドが代名詞となっているILLENIUMですが、DJとしてデビューした当初はダブステップの曲を制作していました。

初期にリリースした「Drop Out Hearts Part I」・「Drop Out Hearts Part II」は、すでにエモーショナルな雰囲気がありながらもダブステップのサウンドの曲になっています。

この2曲でILLENIUMはダブステップ界で名が知られる存在となりました。

その後この2曲以降は曲の方向転換をし、フューチャーベースのサウンドになり、現在の地位を確立しています。

元々高い音楽の才能があったので、ジャンルを変えてもここまでの成果を残すことができているのでしょう。

ILLENIUMとSaid The Skyとの関係性は

昔Said The SkyがILLENIUMにプロデュースに関するアドバイスをよくしていたようで、そこから仲が深まり、現在では親友のような存在となっているようです。

そのこともあり、ILLENIUMがプロDJになった初期からSaid The SKyとはコラボやリミックスを一緒に行ったり、ツアーなどで共演したりしています。

「Drop Out Hearts Part II」や「Rush Over Me」などが代表曲です。

今でも、スタジオで一緒に楽曲制作することもあるようなので、今後の2人のコラボ曲にも注目です。

Chill Harris(チル・ハリス)のサポートアクトを務める

デビューして2年後の2015年には世界的DJ・Skrillexのレーベル「OWSLA」に所属している実力派DJ・Chill Harrisのツアーのサポートアクトを務めました。

Chill harrisのサポートアクトを務めながらも、ヘッドライナーとしてあらゆるフェスに出場していました。

そして、ILLENIUMがプロデューサーになるきっかけにもなったRed Rocksでのプレイを実現させました。そのライブには両親も招待し、両親の前で完璧なパフォーマンスを見せました。

2016年にはZeds Deadの「Northern Lights」ツアーにも参加しています。

Chill Harrisも所属しているレーベル「OWSAL」の代表でもある世界的DJ・Skrillexについては別記事にまとめているので、合わせてチェックしてみてください。

Kasaya Recordingsレーベルを設立

ILLENIUMは2016年にバンクーバーのMrSuicide Sheepのレーベル「Seeking Blue Records」と協力し自身のレーベル「Kasaya Recordings」を設立しました。シンボルマークには不死鳥が使われています。

デビューから3年という記録的な速さでのレーベル設立となりました。

自分の音楽のインテグリティを保ち、リリースの時期や音楽の方向性を気にせず、無料で音楽を提供するために自分でレーベルを作ることを決意しました。

そんな時に自分の理想像にぴったりだったMrSuicide Sheepに連携を快諾してもらいレーベル設立となりました。

自身のレーベルからリリースする曲が、10年後にもリスナーが聴いて素晴らしいと思ってくれるような音楽を作ることを努めており、初めて耳にしたときに心に響くようなインパクトのある曲を作るように心がけているようです。

そんなILLENIUMは自身のレーベルからすでに3枚のアルバムをリリースしており、2016年2月にはレーベル「Seeking Blue Records」と共同でアルバム「Ashes」をリリースしました。

このアルバムはリリースしてから数百万回再生されるなど大ヒットを記録し、アメリカのダンス/エレクトロニック・アルバムチャートで6位、1度もヒットを飛ばしたことのない新人アーティストを中心に集計されるチャートTop Heatseekersで19位、iTunesエレクトロニックミュージックでは1位を記録しました。

アルバムリリースから数ヶ月後には「The Ashes Tour」を行い、大成功を収めました。

2017年にリリースしたアルバム「Awake」でもダンス/エレクトロニック・アルバムチャートで3位に輝きました。

ILLENIUMは今後も自分の楽曲制作も手掛けながらレーベルを拡大させて、他のアーティストのサポートにも取り組んでいきたいと語っています。

ライブパフォーマンスも圧巻

作り出す楽曲の素晴らしさもさることながら、ライブでのパフォーマンスも素晴らしいものがあります。

ILLENIUMがライブを行う時には、CDJ・キーボード・ドラムパッドが登場し、それらを自在に操りパフォーマンスをします。そのパフォーマンスは異次元で、今まで経験したことのないような世界観のライブになります。

このライブパフォーマンスはお客さんを楽しませるだけではなく、自分自身もよりライブを楽しむためにやっていることのようです。

もう1つの彼のライブの特徴は他のアーティストをライブに参加させることです。今までにはSaid the Skyが登場しピアノを演奏しています。生演奏を加えることでライブの迫力がさらに上がります。

このライブパフォーマンスはILLENIUM自身が大きな影響を受けたPorter Robinsonの影響もあるのでは?と言われています。

これだけライブパフォーマンスにも力を入れていることもあり、彼のライブは毎回大盛況になります。

ILLENIUM(イレニアム)の有名コラボ曲

DJ PC ヘッドフォン 機材

ILLENIUMは今までに多くのThe Chainsmokersをはじめとする有名DJたちとのコラボ曲をリリースしています。その多くが人気となり、ILLENIUMを代表する曲となっていますが、その中でも特に有名な曲を紹介します。

the chainsmokers, illenium – takeaway

The Chainsmokers, ILLENIUM – Takeaway (Official Video) ft. Lennon Stella

まずILLENIUMを代表するコラボ曲として名前が上がるのがThe Chainsmokersとコラボしてリリースした「the chainsmokers, illenium – takeaway」です。

The ChainsmokersとILLENIUMがコラボして作成した楽曲にLennon Stellaをボーカルとして招いた、最高にエモーショナルな1曲と言えます。

2019年7月にリリースされたこの曲はYouTube上ですでに7000万回再生を記録しています。

The Chainsmokersらしさが溢れるサウンドとILLENIUMの良さが溢れるサウンドの良いところが絶妙に合わさっています。

上手くいかなくなったカップルの複雑な心境を歌っている歌詞も、この曲の雰囲気にマッチしています。

この曲でコラボしているThe Chainsmokersについては別記事でまとめています。そちらも合わせてチェックしてみてください。

the chainsmokers – don’t let me down (illenium remix)

The Chainsmokers – Don’t Let Me Down (Illenium Remix)

「the chainsmokers – don’t let me down (illenium remix)」はILLENIUMを一躍有名にしたことで有名な1曲です。

趣味的に作ったリミックスでしたが、楽曲をアップすると一気に爆発的に話題となった曲です。その話題はThe Chainsmokers本人たちにも届き、なんと「Don’t Let Me Down」の公式リミックスパッケージに収録されました。

すでにYouTubeで4億回再生されており、原曲にも負けないくらい人気が高くなっています。Don’t Let Me Downをリミックスしたものの中では一番再生数が多くなっています。

よりエモーショナルな雰囲気が強くなっており、原曲よりも優しい雰囲気を感じられます。原曲の良さをさらに引き伸ばしているような出来のリミックスです。

趣味的な感じで作っているのに、ここまでクオリティーの高いものができるとはILLENIUMのスキルの高さがわかる1曲です。

gryffin & illenium ft. daya – feel good

Gryffin, Illenium – Feel Good ft. Daya

アメリカ出身DJ・Gryffinとコラボして制作し2017年4月にリリースされた楽曲「gryffin & illenium ft. daya – feel good」も有名な1曲です。

今回紹介している曲の中でも一番エモーショナルな雰囲気を感じられる曲なので、エモーショナルなedmが好きな方は必聴です。

ILLENIUMの持ち味でもあるメロディックなヒューチャーベースのメロディーは聴き心地が素晴らしく、Dayaの歌声と綺麗なハーモニーを生み出しており、題名通り聞くだけで心地よくなる1曲です。

サビ部分にかけて盛り上がるメロディーは、良いアクセントとなっており自然とテンションも上がってきます。MVも曲のイメージ通りの仕上がりになっています。

Dayaは当時18歳ながら実力が高く、この曲の他にもDon’t Let Me Downでも歌声を披露しています。

Seven Lions x Illenium x Said The Sky – Rush Over Me feat. HALIENE

Seven Lions x Illenium x Said The Sky – Rush Over Me (feat. HALIENE)

アメリカ出身DJのSeven LionsとSaid The Skyとコラボしており、HALIENEをフューチャリングに迎えているとても豪華なコラボ曲です。

昔から一緒に曲を作っていたSaid The SkyとILLENIUMの間に、メロディックなダブステップのパイオニア的DJのSeven Lionsが加わって制作された楽曲ということもあり、リリース直後から話題になり大ヒットしました。

とにかく曲全体がエモーショナルで、壮大なスケールの世界観が感じられる1曲です。HALIENEの透き通っている中にも深みを感じる声と悦妙なハーモニーを生み出しています。

女性の複雑な心情を歌っている歌詞も曲の雰囲気とマッチしていて、揺れ動く心がメロディーによって表現されているように感じます。

Marshmello ft. Khalid – Silence (Illenium Remix)

Marshmello ft. Khalid – Silence (Illenium Remix)

現在人気爆発中のアメリカ出身DJ・MarshmelloがシンガーのKhalidとコラボした曲「Silence」をリミックスしリリースされました。

「Don’t Let Me Down」に続くILLENIUMのリミックスの中でも有名な曲です。

原曲自体がエモーショナルで素晴らしいですが、それにILLENIUMの作り出すフューチャーベースの良さが加わり、さらにいい曲になっています。

自然とリズムにのり体が動き出してしまいそうな雰囲気の曲です。

Spirals

Sound Remedy & Illenium – Spirals (feat. King Deco)

アメリカ出身DJ・Sound Remedyとコラボした1曲です。フューチャリングにはヨルダン出身の歌手・King Decoを迎えています。

全体的に高音域で、エレクトロニックな雰囲気が強めなメロディーになっています。6分と比較的長い曲ですが、流れるようなメロディーなので、聞き入っている間に曲が終わってしまいます。

King Decoの透き通った歌声が、魅惑的な雰囲気を一層強めています。

King Decoとのコラボは2回目となり、ILLENIUMの生み出すエモーショナルな楽曲との相性の良さを見せています。

非常に相性が良いので、今後のコラボにも期待です。

ILLENIUM(イレニアム)のおすすめ曲

ランキング 評価 オススメ

自身のレーベルを設立してから、多くの楽曲をリリースしヒットされているILLENIUMの曲の中からおすすめの楽曲を紹介します。

①fractures

Illenium – Fractures (feat. Nevve)

「Fractures」はシンガーソングライターのNevveとフィーチャリングした曲です。2017年7月にSeeking Blueからリリースした最初のシングルで、ファンからの人気が高い曲です。

ギターから始まるメロディーが印象的で、繊細なメロディーで終始構成されている曲です。Nevveの高音ボイスも綺麗に聞こえてきます。

まさにエモーショナルな雰囲気で、ILLENIUMを代表するハイクオリティーな曲です。

②Lost

Illenium – Lost (ft. Emilie Brandt)

「Lost」は2017年9月にリリースされたアルバム「Awake」に収録されており、Emilie Brandtとフューチャリングした曲になっています。

エモーショナルな雰囲気もありながらもedm感が他の曲より強めになっています。今までのILLENIUMの曲の雰囲気とは違うサウンドを楽しむことができます。

暗い雰囲気から徐々に明るい雰囲気に変わっていく曲で、歌詞でも「別れで凹んでいたが開き直って前に進んで行こう」というような内容になっているので、テンションが下がっている日やモチベーションを上げたい時におすすめできる1曲です。

Emilie Brabdtの低音ボイスもこの曲の味を引き出しています。

③Beautiful Creatures

Illenium – Beautiful Creatures (feat. MAX)

「Beautiful Creatures」もLostに続き「Awake」に収録されている1曲です。MAXをフューチャリングに迎えています。アルバムの中でも評価が高い1曲です。

爽やかな雰囲気がある曲でリズム感が心地よい曲で、男性ボーカルを迎えていることもあり今までの女性ボーカルの曲とは違う魅力があります。

曲の最初からノリやすいテンポで始まるので、かかるとテンションが上がる曲です。ポップスのような雰囲気もある曲です。

 

④ Let You Go

Illenium – Let You Go (feat. Ember Island)

「Let You Go」も「Awake」に収録されている1曲です。この曲が収録されているアルバム「Awake」はILLENIUMのリリースしたアルバムの中で人気が高く名曲揃いです。Ember Islandをフューチャリングに迎えています。

キーボードの和音が綺麗なサウンドを生み出しており落ち着いた雰囲気が感じられ、一段とエモーショナルな雰囲気が強い曲になっています。

最後の1分くらいから打たれるビートは曲にインパクトを与えて、この曲の味わい深さの1つとなっています。

主張しすぎないメロディーとEmber Islandの透き通った歌声がとても心地良いです。

⑤ Sound Of Walking Away

Illenium & Kerli – Sound of Walking Away

「Sound of Walikng Away」はエストニア出身のシンガーKerliとコラボしており、ILLENIUMの曲の中でも完成度が高い1曲です。

サビに向けて徐々に盛り上がってくサウンドで、サビで一気にサウンドに厚みが出て盛り上がるタイミングがわかりやすい曲です。おしゃれedmの教科書的曲と言っても過言ではないです。

ILLENIUMの曲の中でも特にメロディーが美しい曲の1つです。

Kerliの歌声も魅力的で、広い音域の歌でありながら終始綺麗に歌い上げられています。

ポジティブな別れが歌われている歌詞にも、曲の雰囲気がマッチしています。

⑥Reverie

Illenium – Reverie (feat. King Deco)

「Ashes」に収録されておりアルバムを代表する1曲となっている「Reverie」は、King Decoをフューチャリングに迎えています。

INNENIUMの曲の中でも特に世界観が強い曲で、スタートからこの曲の世界観に引き込まれてしまうようなサウンドで一気に引きつけられます。

エモーショナルな雰囲気の中に、幻想的な世界が思い浮かんでくるような魅力的な曲です。映画のサウンドトラックと言われても遜色ないくらいの曲です。

King Decoの透き通っていながら力強い歌声も、とても印象的です。

King Decoとは「Spirals」という曲でもフューチャリングしています。

⑦God Damnit

ILLENIUM, Call Me Karizma – God Damnit (Visualizer)

「God Damnit」は2018年にCall Me Karizmaとコラボしてリリースされたシングルです。

ILLENIUMの作り出すエモーショナルなedmとHIP-HOPの曲調がミックスされた、今までのILLENIUMにはない曲になっています。2つのジャンルの音楽が喧嘩することなく綺麗なサウンドを生んでいます。

全体的におしゃれな雰囲気が溢れている曲で、聞いているだけで癒されるような曲です。

強いイメージと優しいイメージを1度に味わうことができます。普段HIP-HOPを聞く人にもおすすめしたい1曲です。

⑧Crawl Outta Love

Illenium – Crawl Outta Love (feat. Annika Wells)

「Crawl Outta Love」はアルバム「Awake」に収録されており、Annika Wellsをフューチャリングに迎えています。

なんと言ってもメロディーが素晴らしいこの曲はピアノの優しいサウンドから入り、徐々に聞こえてくる音・楽器が多くなっていきサビに一気にエレクトロニックなサウンドで盛り上がるようにできています。

曲の強弱が明確についており、一度聞くと耳に残るサウンドです。1番と2番とでサビの部分のメロディが微妙に違うのも遊び心があって面白い曲です。

こじれた愛に別れを告げる失恋を歌った歌ですが、その心情の動きを見事にサウンドで表現しています。

⑨Good Things Fall Apart

ILLENIUM, Jon Bellion – Good Things Fall Apart

「Good Things Fall Apart」は人気アーティストのJon Bellionとコラボした曲で、リリース前から注目されていました。現在ではYouTubeで1800万回再生されています。

ポップス感が強い曲でありながら、ILLENIUMの曲の特徴でもあるエモーショナルなサウンドも差し込まれており、疾走感溢れる曲になっています。アコースティックギターのサウンドもいい雰囲気を作り出しています。

Jon Bellionの心地よくパワフルな歌声も、この曲をさらに盛り上げています。

また、この曲でコラボしているJon Bellionはファーストシングル「All Time Low」がYouTubeで1億回以上再生されており、Zeddの「Beautiful Now」にも参加している人気アーティストです。

 

⑩It’s All on U

Illenium – It’s All On U (feat. Liam O’Donnell)

「It’s All On U」は「Ashes」に収録されていて、このアルバムの中でも人気の高い1曲です。アメリカ出身のアーティスト・Liam O’Donnellをフューチャリングに迎えています。

サビ直前から一気にリズムの打ち方が変わりテンポアップしていくメロディーは疾走感があって、サビ部分で一気に盛り上がれる曲です。

エモーショナルな雰囲気から始まってサビに近づくにつれてかっこいい雰囲気に変わっていく、まさにかっこいいEDMのお手本のような曲です。

人気が高いこの曲は様々なDJにリミックスされており、T-Mass & LZRDにリミックスされた曲は原曲を上回る4000万回再生されており人気になっています。

まとめ

ペン まとめ メモ

若手実力派DJとして経験を積み、今ではエモーショナルなedmを作り出す大人気DJとなったILLENIUM。

自身のレーベルも立ち上げ今まで以上に楽曲制作に力を入れながら、他のアーティストのサポートにも取り組んでいます。

まだ29歳と若く、これからもさらなる活躍と躍進が期待されるILLENIUMに注目していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました