Sam Feldt(サム・フェルド)のリゾート系トロピカルEDMはバツグンに癒される!おすすめ曲

南国 トロピカル 水DJ紹介

Sam Feldt(サム・フェルド)とは?

DJ 機材 ターンテーブル

Sam Feldt(サム・フェルド)は、1993年生まれのオランダのDJで、プロデューサーでの活動もしている若きDJです。さらには、起業家でもあることから多才で才能があるDJとして有名です。

Sam Feldt(サム・フェルド)が作り出す、リゾート系トロピカルEDMを追求したサウンドは、誰もが癒されること間違いなし!といっても過言ではないのです。

リゾート系トロピカルEDMとは、まるでリゾートにいるかのような雰囲気のサウンドに、トランペットなどの楽器を融合させたEDMです。Sam Feldt(サム・フェルド)の楽曲は、他にはない独自の世界観がある癒されるサウンドを作り出しているのです。

憧れのレーベル「Spinnin ‘Records」と契約

Sam Feldt(サム・フェルド)がDJを始めたのは、10代のころでした。Sam Feldt(サム・フェルド)は友人のパーティーなどで、リミックスなど披露していました。

その後、2013年にリミックス曲ネット上にアップすると、再生回数は伸びプロデューサーの目にとまり「Spinnin ‘Records」と契約しました。

Sam Feldt(サム・フェルド)はずっと前から憧れの「Spinnin ‘Records」と契約を懇願していました。この契約を期に、別名で活動していた名前をSam Feldt(サム・フェルド)と改名しました。

Sam Feldt(サム・フェルド)は、当時流行っていたビックルーム系の曲を制作していました。しかし、「本当に自分が好きな曲を作りたい!」と、ディープハウスの楽曲に変更していったのです。その後、今のトロピカルEDMで大ブレイクを果たした、センス溢れる若きDJなのです。

音楽の才能だけではないクリエイティブな才能と経験が魅力

Sam Feldt(サム・フェルド)は、頻繁に素晴らしい楽曲をリリースし続けています。その才能に加え、大学でのマーケティング学を学んだ経験や、ウェブデザイン会社を起業していた経験があります。

MV制作での企業した経験などを活かして、彼自身が携わる楽曲全てにおいて積極的にプロディースしています。

さらには、Sound CloudiTunesでダウンロードできるラジオ「Heatfeldt radio」をリリースしています。ラジオリミックス「Heatfeldt radio」は、ディープハウスからチルアウト系の曲まで幅広くリミックスされています。気になる人は、ダウンロードして聴いてみてください。

いつも側にクマがいる

MVを観ると、Sam Feldt(サム・フェルド)の側にはクマがいます。気になるクマの正体は、Sam Feldt(サム・フェルド)のマスコット的キャラクターとして定着しています。

Sam Feldt(サム・フェルド)とMVで戯れるクマは、実は名前も付いていて「Igor」といいます。ファンからも「Igor」は人気で、なんと「Igor the Bear」として公式Facebookも開設しているのです。

「Igor」とイケメンのSam Feldt(サム・フェルド)のコンビのMVを観ているとほっこりしていて、テンションが上がる曲でも癒されるとのファンの声が多いのも有名です。

Robin S「Show Me Love」のサンプリングで有名

Sam Feldt(サム・フェルド)は1990年にリリースされた、Robin Sの名曲「Show Me Love」サンプリングし、一気に注目を浴びました。なんとリリースして、数日でYouTubeの再生回数も爆発的に増え、イギリスのチャート4位を獲得しています。

Robin Sの「Show Me Love」は、数々のアーティストがサンプリングしている曲なのです。特にヒットした曲は、Chris Brown(クリス・ブラウン)の「Show Me」や、Jennifer Lopez(ジェニファー・ロペス)がコラボしたPitbull(ピットブル)の「Dance again」です。

Show Me Love (ft. Kimberly Anne) /Sam Feldt

Show Me Love (ft. Kimberly Anne) /Sam Feldt

Sam Feldt(サム・フェルド)が手掛けると、癒されるトロピカルサウンドになります。Kimberly Anne(キンバリー・アン)とのコラボで、伸びのある透き通ったボーカルとEDMが心地よい仕上がりになっています。

「Show Me Love」は大ヒットし、オランダ出身のDJ、Quintino(クインティーノ)にはじめ、多数のアーティストにリミックスされるなど、大人気曲となっています。

「Show Me Love」をきっかけにSam Feldt(サム・フェルド)の知名度は上がり、世界中に注目されるのです。

Sam Feldt(サム・フェルド)のライブパフォーマンス

Sam Feldt(サム・フェルド)は、世界最大級の野外フェスへの出演のオファーが絶えません。近年では、「Tomorrowland 」や「ultra music festival」に大抜擢、出演を果たしました。それでは詳しくご紹介します。

Sam Feldt(サム・フェルド)の癒し系トロピカルサウンドをライブバージョンで酔いしれてください。

Tomorrowland Belgium 2016/Sam Feldt

Tomorrowland Belgium 2016/Sam Feldt

Sam Feldt(サム・フェルド)は、2016年に開催された大型野外フェスTomorrowland 」に出演しました。Sam Feldt(サム・フェルド)が出番の時の会場は、トロピカルサウンドで癒されている観客の姿が印象的です。

時折、トランペットの楽器も交えたプレイもあり、さすがSam Feldt(サム・フェルド)のリゾート感あふれるサウンドが満載です。大盛り上がりのSam Feldt(サム・フェルド)のライブを観ていると、実際に生でSam Feldt(サム・フェルド)を見たい!というファンも多いのです。

2017年出演「ultra music festival」

Ultra Music Festival 2017/Sam Feldt MAINS TAGE

次は2017年にアメリカのマイアミで開催の「ultra music festival」でも、観客を沸かせていました。トロピカルサウンドでありながらも上がるEDMは観客もテンションが最高潮に上がっていました。

世界最大級の野外フェス「ultra music festival」ともなれば、Sam Feldt(サム・フェルド)のプレイする時間も長いので、ファンは大満足で耳が嬉しい幸せな時間を堪能できます。日本のEDMフェス「ultra Japan」にもぜひ出演して欲しい!と切望するファンは多いのです。

Sam Feldt(サム・フェルド)のおすすめ曲

ランキング 評価 オススメ

Sam Feldt(サム・フェルド)の曲で、最も人気の曲やおすすめ曲をご紹介します。Sam Feldt(サム・フェルド)のマスコット的キャラクターのくま「Igor」も出演していますので、MVにも注目して聴いてみてください。

Hungry Eyes/Sam Feldt feat Meleka

Hungry Eyes/Sam Feldt feat Meleka

Sam Feldt(サム・フェルド)とソウルミュージシャンのMeleka(メレカ)のコラボ曲です。まるでリゾートの浜辺で戯れているような爽快感がある、まさにトロピカルEDM!といった曲です。癒されつつも、テンションが上がる心地よい曲になっています。

フィーチャリングボーカルは、Meleka(メレカ)です。ソウルシンガーならではの彼女の力強いボーカルと、Sam Feldt(サム・フェルド)の癒しサウンドがマッチしている曲です。

What About The Love/Sam Feldt

What About The Love/Sam Feldt

コラボアーティストの表記がありませんが、ボーカルはJasmine Thompson〈ジャスミン・トンプソン〉です。透き通った彼女の歌声にSam Feldt(サム・フェルド)のテクノ音が心地よく融合している曲です。

Sam Feldt(サム・フェルド)のおすすめリミックス曲

トレンド 上昇 ランキング

Sam Feldt(サム・フェルド)は、有名アーティストの曲をリミックスをしています。Sam Feldt(サム・フェルド)が手掛けると、またひとあじ違ったトロピカルEDMになります。気になる人は、原曲と聴き比べてみても面白いです。

Freak (Sam Feldt Remix) /R3hab & Quintino

Freak (Sam Feldt Remix) /R3hab & Quintino

R3hab(リハブ)と Quintino(クインティーノ)がコラボした楽曲をSam Feldt(サム・フェルド)がリミックスしてリリースしました。より、トロピカル感が強く、優しくも盛り上がる曲になっています。

Sam Feldt(サム・フェルド)のライブ映像やプライベート感があるオシャレなMVになっていますので、ぜひチェックしてみてください。

Way Back Home (feat. Conor Maynard) [Sam Feldt Edit] /SHAUN

 Way Back Home (feat. Conor Maynard) [Sam Feldt Edit] /SHAUN

Sam Feldt(サム・フェルド)は、韓国のシンガーでもありDJのSHAUNの曲をリミックスしています。イギリスのアーティストConor Maynard(コナー・マーメイド)切ない甘いボーカルと、スローテンポのテクノサウンドがマッチした曲です。思わず横揺れしたくなる「Way Back Home」は、トロピカルEDMのなかでも中毒性ある曲です。

「Way Back Home」は、和訳すると「また君の元へ戻ってくるから」という意味です。一旦別れたが後悔し、復縁を望んでいるかのような歌詞に注目してください。もちろん曲中では、SHAUNもボーカルとして参加しています。英語と韓国語の融合した面白い曲になっています。

Waiting For Love (Sam Feldt Remix)/Avicii

Waiting For Love (Sam Feldt Remix)/Avicii

Sam Feldt(サム・フェルド)は、Avicii(アヴィーチー)とMartin Garrix(マーティン・ギャリックス)がコラボした名曲「Waiting For Love」をリミックスしました。

原曲よりも、柔らかい印象のトロピカルサウンドはさすがSam Feldt(サム・フェルド)サウンドといった仕上がりです。しかし、原曲の良さも残しながら、癒されるサウンドは聴いていて飽きません。

Waiting For Love (Sam Feldt Remix)は、2016年の「Tomorrowland 」でも披露しています。観客も大いに盛り上がっていました。

Sam Feldt(サム・フェルド)のおすすめコラボ曲

Sam Feldt(サム・フェルド)数々のアーティストとコラボした楽曲をリリースしています。その中でもとくにおすすめのコラボ曲をピックアップしました。

Post Malone (feat. RANI) /Sam Feldt

Post Malone (feat. RANI) /Sam Feldt

Sam Feldt(サム・フェルド)がRANI(ラニ)とコラボした曲で、スローテンポで癒されたい時に聴きたくなる曲です。RANI(ラニ)の力強いクールなボーカルとSam Feldt(サム・フェルド)の癒される楽器も交えたサウンドが心地よい曲です。

Runaways/Sam Feldt & Deepend ft. Teemu

Runaways/Sam Feldt & Deepend ft. Teemu

Sam Feldt(サム・フェルド)が音楽グループDeependとコラボした曲です。冒頭からの癒されるサウンドが印象的な曲です。MVもカントリー調でチルアウト感が溢れている仕上がりになっています。のんびりとゆっくりしたいときに聴きたい曲としておすすめです。

Sam Feldt(サム・フェルド)の来日歴

飛行機 空

Sam Feldt(サム・フェルド)は、2018年12月に大阪のクラブCLUB PICCADILLY」、さらに翌日に、東京のクラブWARP SHINJUKU」に来日し、ゲストでプレイしました。ビックフェスに出演しているトロピカルEDMの貴公子であるSam Feldt(サム・フェルド)の来日は、大盛況に終わりました。

翌年2019年11月には、渋谷のクラブWomb」でのゲスト出演のため来日しました。クラブ内に入りきれない人が続出し、さらにクラブは大盛況で、数々のヒット曲を披露しクラブ内を最高に盛り上げました

Sam Feldt(サム・フェルド)が次に来日するのは?

検索 タブレット Google

Sam Feldt(サム・フェルド)は日本でも大人気で、来日を心待ちにしているファンは沢山います。Sam Feldt(サム・フェルド)が2020年以降に来日するという情報は、今のところ残念ながらありません。しかし、日本のどこかのクラブでゲスト出演する可能性はあります。

Sam Feldt(サム・フェルド)が来日した際には、絶対に行きたい!という人は、Sam Feldt(サム・フェルド)の公式TwitterやInstagramをチェックすると良いでしょう。

まとめ

ペン まとめ メモ

Sam Feldt(サム・フェルド)癒し系トロピカルEDMを確立させた若き期待のDJです。所属レーベルは、自身が憧れていた「Spinnin ‘Records」です。所属してから、Sam Feldt(サム・フェルド)と改名し、数々のヒット曲をリリースしています。

また、Sam Feldt(サム・フェルド)のMVに出てくるクマは、マスコット的キャラクターで、彼自身と共に人気のある「Igor」という名前です。音楽と映像両方で癒されるMVでも話題になっています。

世界的に有名なフェスにオファーが殺到している、Sam Feldt(サム・フェルド)は今後の活躍に期待されているDJです。これからの活動や、来日を心待ちにしているファンは、Sam Feldt(サム・フェルド)の情報をチェックしましょう。

Sam Feldt(サム・フェルド)を知らない人は一度、この記事でご紹介した癒し系トロピカルサウンドを聴いてみてください!

タイトルとURLをコピーしました