Thomas Jack(トーマスジャック)とは?トロピカルハウスを代表するDJの人気曲

DJ紹介

Thomas Jack(トーマスジャック)とは?

「Thomas Jack(トーマスジャック)」の基本的なプロフィールや、彼が名付けた音楽ジャンルである「トロピカルハウス」についてご紹介していきます。

トロピカルハウスが好きな方であれば必ず知っておきたいアーティストですし、トロピカルハウスを知らない方でも、新しく音楽ジャンルを知れるので、ぜひ最後までお読みください。

Thomas Jack(トーマスジャック)のプロフィール・経歴

「Thomas Jack(トーマスジャック)」は、オーストラリア出身のDJ・プロデューサーで、本名は「Tom Jack Johnston(トム・ジャック・ジョンストン)」です。

オーストラリアのニューサウスウェルズ州にあるベガという田舎の酪農場で育ち、毎日朝と午後に乳牛の搾乳をしていたという経歴があります。

その後、音楽制作をする学校に通うためにシドニーに移り、プレイステーション用の楽曲アレンジゲーム「eJay(イージェイ)」を使ってダンスミュージックを作り始め、やがて本格的な楽曲制作ソフト「Ableton(エイブルトン)」に移行しました。

その後、彼は2013年に音楽SNS「SoundCloud(サウンドクラウド)」で、後にマネージャーとなる「Myles Shear(マイルズ・シャー)」の目に留まり、2013年からマイアミを拠点にリミックスやDJとして活動を行うようになりました。

「トロピカルハウス」の名づけ親

「Thomas Jack(トーマスジャック)」は「トロピカルハウス」というジャンルの名付け親として知られています。

「Zedd(ゼッド)」や「Martin Garrix(マーティン・ギャリックス)」がEDM界で大活躍し始めた2013年頃、彼は「Felix Jaehn(フェリックス・ジェーン)」や「Bakermat(ベーカーマット)」などのDJの楽曲を、ピースフルな南国サウンド風にリミックスしていきました。これがトロピカルハウスの始まりです。

トロピカルハウスとは

「トロピカルハウス」とは、ハウスミュージックのサブジャンルで、その名の通り、南国にいるかのような気分になれる穏やかな曲調が特徴です。

EDMのフェスでも度々流れることの多い人気ジャンルですが、重低音の響き渡る曲とは違って、ゆったりとした雰囲気なので、落ち着いた曲が好きな方にもおすすめです。

Thomas Jack(トーマスジャック)の人気曲

「Thomas Jack(トーマスジャック)」の人気曲を一曲ずつご紹介していきます。トロピカルハウスが好きな方であれば、どの曲もきっと気にいるでしょう。トロピカルハウスの第一人者が作る楽曲を、ぜひ堪能してください。

Rivers

Thomas Jack – Rivers (feat. Nico & Vinz)

【タイトル】Thomas Jack – Rivers (feat. Nico & Vinz)

「Rivers」は、2015年にリリースされたThomas Jack(トーマスジャック)のファーストシングルかつ、代表曲です。ノルウェーのヒップホップデュオ「Nico & Vinz(ニコ&ヴィンス)」とフィーチャリングしています。

ビーチで聴きたくなるような南国風のアコースティック・サウンドと、ノリノリなサビのバランスが心地よいトラックです。

Rise Up

Thomas Jack & Jasmine Thompson – Rise Up (Official Video)

【タイトル】Thomas Jack & Jasmine Thompson – Rise Up(Official Video)

「Rivers」に続くセカンドシングルで、イギリスの若手シンガー「Jasmine Thompson(ジャスミン・トンプソン)」とコラボした楽曲です。

夕暮れのビーチでのんびりと聴きたくなるような、落ち着いたベースと、笛のサウンドが魅力的なトラックです。

Booka Shake

Thomas Jack – Booka Shake (Original Mix)

【タイトル】Thomas Jack – Booka Shake(Original Mix)

癖になるようなブルージーなピアノサウンドと、男性ボーカルがマッチした一曲です。トロピカルハウスの中でも独特の雰囲気を放っているので、虜になる人も多いでしょう。ぜひ一度聴いてみてください。

Atlas Hands(Thomas Jack Remix)

Benjamin Francis Leftwich – Atlas Hands (Thomas Jack Remix)

【テキスト】Benjamin Francis Leftwich – Atlas Hands(Thomas Jack Remix)

アメリカのシンガーソングライター「Benjamin Francis Leftwich(ベンジャミン・フランシス・レフトウィッチ)」の楽曲を、Thomas Jack(トーマスジャック)がリミックスした一曲です。

歌声、サウンド共に穏やかで癒される一曲なので、チルアウトしたいときにおすすめです。

The Final Speech

Thomas Jack feat. Adrian Symes – The Final Speech (Original Mix)

【タイトル】Thomas Jack feat. Adrian Symes – The Final Speech(Original Mix)

1940年代のアメリカの政治風刺ドラマ「The Greaat Dictator」で、チャールズ・チャップリンが演説しているシーンに、トロピカルハウスという不思議な組み合わせの一曲です。繰り返されるピアノのフレーズとサックスの音色が独特で癖になります。

トロピカルハウスの人気曲

「Thomas Jack(トーマスジャック)」がネーミングしたトロピカルハウスで活躍するアーティストは多数います。ここでは、トロピカルハウスのおすすめ曲をいくつかご紹介していきます。合わせて知っておきましょう。

Kygo – Firestone

Kygo – Firestone ft. Conrad Sewell (Official Video)

【タイトル】Kygo – Firestone(Official Video)ft. Conrad Sewell

トロピカルハウス界で有名なノルウェーのDJ「Kygo(カイゴ)」の代表曲です。Thomas Jack(トーマスジャック)よりも、メロディックでキャッチーサウンドが特徴的です。

Thomas Jack(トーマスジャック)が好きな方にはKygo(カイゴ)の曲もおすすめですので、こちらの記事もぜひお読みください。

Sam Feldt – Post Malone

Sam Feldt – Post Malone (feat. RANI) [Official Music Video]

【タイトル】Sam Feldt – Post Malone(feat. RANI) [Official Music Video]

2019年にリリースされた、オランダのDJ「Sam Feldt(サム・フェルド)」のトロピカルハウス曲です。

トロピカルハウスの穏やかさを保ちつつも、かなりポップな仕上がりになっており、万人受けしそうなサウンドでおすすめです。

Jonas Blue – I Wanna Dance

Jonas Blue – I Wanna Dance (Visualiser)

イギリスのDJ「ジョナス・ブルー(Jonas Blue)」の、トロピカル風の南国サウンドに、クールなダンスチューンが融合した一曲です。

他には類を見ない仕上がりになっているので、音楽の幅が広がること間違いなしです。ぜひ一度お聞きください。

まとめ

トロピカルハウスで活躍する「Thomas Jack(トーマスジャック)」のプロフィールや人気曲、他アーティストのトロピカルハウスの人気曲などをご紹介してきました。トロピカル・ハウスを語る上で、「Thomas Jack(トーマスジャック)」の楽曲は必聴です。

タイトルとURLをコピーしました