KSHMR(カシミア)とは?元ヒップホップThe CataracsのDJ、人気曲

ヒップホップ ストリートダンサーDJ紹介

KSHMR(カシミア)とは?

まずは「KSHMR(カシミア)」の基本的なプロフィールから見ていきましょう。ここでは、出身や経歴、KSHMR(カシミア)がDJ界で怒涛の勢いで出世したことなどについてご紹介していきます。

KSHMR(カシミア)の出身・経歴

「KSHMR(カシミア)」は、1998年10月6日、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンディエゴ生まれのDJ・ミュージシャン・プロデューサーです。

本名は「Niles Hollowell-Dhar(ナイルズ・ホロウェル・ダール)」で、父親がインドから移住したヒンドゥー教度で、母親はアメリカ人です。

「KSHMR(カシミア)」というアーティスト名は、父親の出身地であるインドの州「Jammu and Kashmir(ジャム・アンド・カシミール)」に由来しています。また、彼のシングル曲である「Jammu(ジャム)」や「Kashmir(カシミール)」も由来は同じです。

その他にも、インドの文化に根付いたシングル曲を多数発表しており、彼がどれだけインドを愛しているかがよくわかります。

スピード出世したDJ、KSHMR(カシミア)

KSHMR(カシミア)は、DJとしては他のアーティストに類を見ないほどのスピード出世を果たしています。

イギリスのDJ雑誌「DJ Mag」が毎年行なっている「Top 100 DJs(世界のDJランキングトップ100)」では、2015年に初登場で23位を記録し「The Highest New Entry(最高の新規登録)」を受賞しました。

その後もTop 100 DJsでは上位を維持し続け、2019も15位という人気ぶりです。

正体は元The Cataracsのメンバー

Far East Movement ft. The Cataracs, DEV – Like A G6 (Official Video)

【タイトル】Far East Movement ft. The Cataracs, DEV – Like A G6 (Official Video)

「KSHMR(カシミア)」は、DJとしていきなり音楽で大成功を収めたわけではありません。彼はもともとはアメリカのヒップホップグループ「The Cataracs(ザ・キャタラクス)」のメンバーで、バークレー高校の同級生二人組で活動していました。

そして、アメリカの有名ヒップホップグループ「Far East Movement(ファー・イースト・ムーブメント)」とフィーチャリングするなど、この時点で音楽として大成功を収めていました。

しかし、The Cataracs(ザ・キャタラスク)の相方が2012年に脱退し、それ以降、 2014年まで一人でThe Cataracsで活動し続けます。

Ultra Music Festival 2015で正体を明かす

The Cataracsとしての活動を辞め、「Niles Hollowell-Dhar(ナイルズ・ホロウェル・ダール)」は「KSHMR(カシミア)」として、エレクトロハウスミュージックを制作し始めました。

そして、音楽配信サービス「Beatport(ビートポート)」で自身のチャートを作り、楽曲をリリースしていきました。その中でも「DallasK(ダラスケイ)」とコラボしたシングル「Burn」がBeatportのトップ40チャートで最終的に一位になったことで大注目を浴びました。

そして、世界最大級のEDMフェス「Ultra Music Festival 2015(ウルトラ・ミュージック・フェスティバル)」で、オランダのDJ「Tiësto(ティエスト)」によって正体が明らかにされました。

KSHMR(カシミア)のレーベル

「KSHMR(カシミア)」が立ち上げたレコードレーベルについてご紹介します。KSHMR(カシミア)の世界観を存分に表現したレーベルをみていきましょう。

Dharma Worldwide

KSHMR(カシミア)は2017年に「Dharma Worldwide(ダーマ・ワールドワイド)」というレコードレーベルを立ち上げました。

DJとしてのデビュー当時から関わりのある、オランダの世界的に有名なEDMレーベル「Spinnin’ Records(スピニン・レコード)」の協力を得てのレーベル立ち上げとなります。

このレーベルは数多くの有名DJ・プロデューサーから支援され、KSHMR(カシミア)独特のアラビアンな雰囲気の曲が多数リリースされています。

KSHMR(カシミア)のライブパフォーマンス

「KSHMR(カシミア)」のライブパフォーマンスをご紹介します。DJはただ曲をミックスするだけでなく、独自のパフォーマンスによって、会場をもっと沸かせます。KSHMR(カシミア)のド派手なパフォーマンス映像は要チェックです。

KSHMR(カシミア)初来日の映像

KSHMR @Electrox Japan 2016

「KSHMR(カシミア)」が日本に初めて来日してパフォーマンスをしたのは、2016年1月9日に千葉で行われた、日本最大級のEDMイベント「electrox(エレクトロックス)」です。

このライブ映像では、日本語でのナレーションで物語が展開されており、音楽や映像に合わせて光が派手に飛び交っています。音楽だけでなく、視覚的にもパフォーマンスを楽しめるのがKSHMR(カシミア)のライブの特徴です。

KSHMR(カシミア)のおすすめ曲

KSHMR(カシミア)のおすすめ曲を一つずつご紹介していきます。カシミアは独特の世界観の曲が多いので、そのサウンドが気に入った人はすぐに病みつきになるでしょう。ぜひ一曲ずつ再生してみてください。

KSHMR & Marnik「Bazaar」

KSHMR & Marnik – Bazaar (Official Sunburn Goa 2015 Anthem) [Official Music Video]


タイトル【KSHMR & Marnik – Bazaar (Official Sunburn Goa 2015 Anthem) [Official Music Video]】

「KSHMR(カシミア)」のおすすめ曲1つ目は、イタリアのDJ「Marnik(マーニック)」とコラボした「Bazaar」です。

カシミアのインドの影響を受けたような独特のメロディーと、激しい重低音が鳴り響くドロップにアガること間違いなしです。

R3HAB & KSHMR「Karate」

R3HAB & KSHMR – Karate (Official Music Video)

【タイトル】R3HAB & KSHMR – Karate (Official Music Video)

「KSHMR(カシミア)」のおすすめ曲2つ目は、オランダのDJ「R3HAB(リハブ)」とコラボした「Karate」です。タイトル名の意味はそのまま「空手」で、少しだけ和を感じさせるメロディーやシーンがあります。

しかし「空手」というよりも、普通のワークアウトをしていたり、突然日本語で「準備し始める」と字幕が出るなど、日本人から見ればツッコミどころの多いMVに面白みがあります。

Headhunterz & KSHMR「Dharma」

Headhunterz & KSHMR – Dharma (Official Music Video)

【タイトル】Headhunterz & KSHMR – Dharma (Official Music Video)

「KSHMR(カシミア)」のおすすめ曲3つ目は、オランダのDJ「Headhunterz(リヘッドハンターズ」とコラボした「Dharma(ダーマ)」です。

イントロからインド感全開の耳に残るメロディーと、お経を唱えているようなフレーズが印象的です。KSHMR(カシミア)らしい力強い音に、ハードスタイル界で有名な、Headhunterz(ヘッドハンターズ)の激しさが合わさった必聴の一曲です。

Firebeatz & KSHMR「No Heroes」

Firebeatz & KSHMR – No Heroes ft. Luciana (Official Music Video)

タイトル【Firebeatz & KSHMR – No Heroes ft. Luciana (Official Music Video)】

「KSHMR(カシミア)」のおすすめ曲4つ目はオランダの二人組DJ「Firebeatz(ファイヤビーツ)」とコラボした「No Heroes」です。

ドロップのサウンドが独特で癖になる一曲です。また、ドロップ間のワブルなどもかっこいいので、何度も聴いてしまいたくなるようなトラックです。イギリスのシンガー「Luciana(ルシアーナ)」の歌声も、クールで曲によく合っています。

Tiësto & KSHMR「Harder」

Tiësto & KSHMR ft. Talay Riley – Harder (Official Lyric Video)

【タイトル】Tiësto & KSHMR ft. Talay Riley – Harder (Official Lyric Video)

「KSHMR(カシミア)」のおすすめ曲5つ目は、オランダのDJ「Tiësto(ティエスト)」とコラボした「Harder」です。タイトルだけを見ると、これまでのKSHMR(カシミア)の、ガツガツとしたサウンドのトラックのように思われるかもしれません。

しかし実際は、Tiësto(ティエスト)が得意とするモダンで落ち着いた楽曲で、そこにKSHMR(カシミア)らしいインド風のサウンドや歌声が混ざったようなトラックです。

KSHMR & MARNIK「Mandala」

KSHMR & MARNIK – Mandala ft. Mitika (Official Sunburn 2016 Anthem) [Official Music Video]

【タイトル】KSHMR & MARNIK – Mandala ft. Mitika (Official Sunburn 2016 Anthem) [Official Music Video]

KSHMR(カシミア)」のおすすめ曲6つ目は、先ほどの「Bazaar」でもご紹介した、イタリアのDJ「Marnik(マーニック)」とコラボした「Mandala」です。

イントロはインド風の穏やかな掴みから入り、ドロップで一気に盛り上がります。バウンシーなサウンドも、ノリノリになれるトラックなのでおすすめです。

Tiësto & KSHMR「Secrets」

Tiësto & KSHMR feat. Vassy – Secrets (Official Music Video)

【タイトル】Tiësto & KSHMR feat. Vassy – Secrets (Official Music Video)

KSHMR(カシミア)」のおすすめ曲7つ目は、先ほども「Harder」でご紹介した、オランダのDJ「Tiësto(ティエスト)」とコラボしたトラック「Secrets」です。

Youtubeでの再生回数は2億回という超有名な楽曲なので、イントロで「聴いたことある!」と思う方も多いでしょう。この二人のコラボ曲は、どれもお互いの良さを引き出し合っていて、それでいでお互いの良さを打ち消さない、バランスのとれたサウンドが魅力です。

KSHMR(カシミア)が好きな人におすすめなDJ

「KSHMR(カシミア)」が好きな人におすすめのDJをご紹介していきます。KSHMR(カシミア)とコラボしているDJや、楽曲の雰囲気が似ているDJもいるので、合わせて知っておくと、KSHMR(カシミア)の魅力をより深く知ることができるでしょう。

R3hab(リハブ)

カシミアが好きな人におすすめのDJとして「R3hab(リハブ)」は外せません。R3hab(リハブ)はオランダのDJで、先ほどご紹介したおすすめ曲「Karate」でカシミア(KSHMR)とコラボしています。

コラボではありませんが、その他にもシングル「Samurai」や「Sakura」といった日本語をタイトルにした楽曲もあり、親日家DJとしてもよく知られています。

Tiësto(ティエスト)

「Ultra Music Festival 2015」で「KSHMR(カシミア)」の正体を明かした「Tiësto(ティエスト)」は必ず知っておくべきです。KSHMR(カシミア)とは、先ほどご紹介した「Harder」でコラボしています。

KSHMR(カシミア)とはテイストが異なり、落ち着いたモダンな楽曲が多いですが、KSHMR(カシミア)のみならず、多数の超有名DJをプロデュースしているDJ・プロデューサーなので、押さえておきましょう。

DallasK(ダラスケイ)

KSHMR(カシミア)とコラボして作った曲「Burn」で、KSHMR(カシミア)を一躍有名にしたアメリカのDJ「DallasK(ダラスケイ)」のことは知っておくべきです。

KSHMR(カシミア)ほどガツガツした感じではありませんが、重低音の鳴り響くかっこいい楽曲を多数リリースしています。ぜひ一度、DallasK(ダラスケイ)の楽曲を聴いてみてください。

KSHMR(カシミア)の来日歴

「KSHMR(カシミア)」の主な来日歴をまとめました。来日歴は以下の通りですので、ご確認ください。

  • 2016/01/09 electrox
  • 2017/09/07 ULTRA JAPAN 2017
  • 2018/08/04 S2O JAPAN
  • 2019/05/11 EDC JAPAN

KSHMR(カシミア)は、毎年のように来日してパフォーマンスをしてくれています。今後の来日予定も決まっているので、ぜひチェックしてください。

KSHMR(カシミア)が次に来日するのは?

「KSHMR(カシミア)」の次の来日予定についてご紹介します。KSHMR(カシミア)の来日予定は以下の通りです。

  • 2020/04/10(金) Zepp Osaka Bayside
  • 2020/04/12(日) チームスマイル・豊洲PIT

KSHMR(カシミア)の単独ジャパンツアーになるので、ライブに行こうか考えている方は必ず押さえておいてください。

まとめ

DJ界でスピード出世を果たした「KSHMR(カシミア)」のプロフィールやおすすめ曲、今後の来日予定などについて幅広くご紹介してきました。頻繁に来日してパフォーマンスをしているDJなので、KSHMR(カシミア)のことをよく知らなかった方は、この機会にぜひ注目してみてください。

タイトルとURLをコピーしました