宗像フェス ~FUKUTSU KOINOURA~2019年の日程&出演アーティストは?

花火イベント

宗像フェス ~FUKUTSU KOINOURA~とは

宗像フェスは2012年の夏から始まった福岡県で開催される野外音楽フェスティバルです。宗像のお祭りである「みあれ祭」の前夜祭花火大会として誕生し、今では全国で活躍するアーティストが登場する大人気のフェスとなっています。

前夜祭の花火大会としてスタートした2012年にはアーティストの出演はありませんでしたが、翌年の2013年からアーティストが出演をはじめます。2014年からは「MUNAKATA MUSIC FESTIVAL」としてHYやかりゆし58が出演。その後、あいみょんや家入レオ、大黒摩季などトップアーティストが続々と出演し、日本でも最大規模の野外音楽フェスティバルに成長しました。

宗像フェスの特徴はなんといっても2日間合計で7,000発が打ち上がる花火です。全てのアーティストのライブが終わり、会場のボルテージが高まっている中、出演アーティストと会場全体のカウントダウンで花火がスタートします。

花火に合わせて出演アーティストの楽曲が流れ、会場は独特な雰囲気に包まれます。花火とフェスが一体になったイベントはありますが、宗像フェスほど大規模なものは他にありません。宗像フェスは音楽だけでなく、花火も楽しめる夏の終わりにぴったりの音楽フェスとなっています。
また、宗像フェスは海に面する地域ということで、自然と一体になったフェスであることをうたっています。ライブ会場からは水の透明度が高い真っ青な海を一望することができ、夜は満点の星空が広がります。自然に囲まれている海上で楽しむ宗像フェスは都会にはない開放感に満ちている音楽フェスでもあります。

そんな宗像フェスについて、この記事では宗像フェス2019に出演するアーティストやタイムテーブル、チケット情報やグッズ情報、アクセス方法についてみていきます。宗像フェス2019は有名アーティストが続々と登場し、盛り上がること間違いなしです。また、2019年もフェスの最後に打ちあがる花火には要注目ですよね。
この記事が宗像フェス2019に参加しようと考えている人の参考になれば幸いです。
 

宗像フェス ~FUKUTSU KOINOURA2019とは?

宗像フェスは2019年で8回目の開催となり、今年は2日間の開催となります。すでに出演アーティストが確定しており、タイムテーブルも発表されています。今年の出演アーティストは宗像フェス初参加となる氣志團、2年連続の出演となったファンキー加藤、KEWVAやゴールデンボンバーが登場します。そんな出演アーティストの中で初日のトリを飾るのはきゃりーぱみゅぱみゅ、2日目のトリはMISIAという豪華なラインナップです。

また、宗像フェスはMCも豪華なことで有名です。初日のMCは大人気俳優の鈴木亮平さんと立山律子さんが務め、2日目は武田真治さんと立山律子さんが務めます。武田真治さんはMCだけでなく、ステージに登場することもきまっており、どのようなパフォーマンスを披露するのか要注目です。

そのほか充実のフェス飯を楽しむこともできますし、花火は今年も2日間で7,000発撃ちあがります。宗像フェスは2019年も存分に楽しめるイベントであること間違いなしです。
 

開催地・開催日は?

宗像フェス2019の開催地は福岡県福津市にある「恋の浦」です。グーグルのマップで検索する際にはスピードパーク恋の浦と検索すると会場がでてきます。アクセスについてはシャトルバスや車を利用する必要があります。

また、開催日は9月21日(土)と9月22日(日)の2日間となっており、それぞれの日にちで出演するアーティストが異なります。両日ともに花火を楽しむことはできるので、自分が好きなアーティストが登場する日のチケットを購入するようにしましょう。
 

宗像フェス ~FUKUTSU KOINOURAの出演アーティスト一覧

宗像フェス2019に出演するアーティストはすでに発表されており、今年も豪華なラインナップとなっています。ここでは9月21日(土)と9月22日(日)に出演するアーティストをそれぞれみていき、注目アーティストについて解説していきます。

9月21日 土曜日に出演予定のアーティスト

9月21日に登場するアーティストは以下の通りです。
RAM WIRE、ベリーグッドマン、ファンキー加藤、ゴールデンボンバー、有安杏果、氣志團、KREVA、C&K、きゃりーぱみゅぱみゅ

初日に登場するアーティストは全国各地でライブに登場しているアーティストが非常に多い印象です。中でも注目なのが氣志團とKREVAです。
氣志團は今年の夏、精力的に活動しており、宗像フェス2019以外にも数多くのフェスに参加しています。ワンナイトカーニバルの歌が盛り上がるのは間違いないですし、曲が流れたときに会場の空気も楽しみです。氣志團は歌でステージを盛り上げるのはもちろん、ステージ上で会場の笑いを誘う演出が特徴的で、宗像フェス2019ではどんな演出があるのかに注目が集まります。

もうひとりの注目はKREVAです。KREVAは2019年にソロ活動15周年を迎え、「9か月連続リリース企画」を掲げており、過去曲の2019年バージョンを次々と発表しています。今年の6月には「成長の記録~全曲バンドで録り直し」というニューベストアルバムを発表し、大きな注目を集めています。このアルバムの楽曲が宗像フェス2019でも演奏されるのか要注目です。
そのほか、ゴールデンボンバーやファンキー加藤など宗像フェスに何度も登場しているアーティストの音楽も楽しみとなっています。
 

9月22日 日曜日に出演予定のアーティスト

9月22日に登場するアーティストは以下の通りです。
Little Black Dress、佐藤千亜妃、山本彩、Reol、安藤裕子、岸谷香、中川翔子、伊藤蘭、ゴスペラーズ、MISIA

2日目は初日とは変わって、ソロアーティストが数多くステージに登場するようになっており、ゴスペラーズやMISIAのようなベテランのアーティストも出演します。
注目は元NMB48の山本彩です。2019年から本格的にソロ活動をスタートし、4月にはファーストシングルである「イチリンソウ」をリリースしました。宗像フェスのタイミングではセカンドシングルである「棘」が発表された直後ということで、新曲が歌われることに期待が高まります。ソロ活動を開始して間もない山本彩がどのようなステージを披露するのか要注目です。

山本彩とならんで注目なのがゴスペラーズです。ゴスペラーズは今年メジャーデビュー25周年を迎えました。25周年の記念シングルとなる「VOXers」が10月30日にリリースすることが決まっています。このシングルの初回限定盤のフォトブックはメンバーがそれぞれ異なるシチュエーションで撮影した写真集となっており、大きな話題になっています。25周年という区切りにリリースされる新曲を宗像フェス2019で披露するのか気になるところです。
 

宗像フェス ~FUKUTSU KOINOURAの予定タイムテーブル

宗像フェス2019は2日間行われ、タイムテーブルもすでに決定しています。ここでは出演アーティストが何時に登場するのかも併せて、タイムテーブルを紹介していきます。

9月21日 土曜日のタイムテーブル

9月21日は10時25分からWelcom Actが始まり、11時から続々とアーティストが出場します。タイムスケジュールは下記の通りです。

11:05 RAM WIRE
11:45ベリーグッドマン
12:50ファンキー加藤
13:55ゴールデンボンバー
15:00有安杏果
16:05氣志團
17:10 KREVA
18:15 C&K
19:20 きゃりーぱみゅぱみゅ

各アーティストの登場している時間は約40分間となっており、各ステージの間には20分~30分間のインターバルが設けられています。初日をトリを務めるのはきゃりーぱみゅぱみゅとなっています。
 

9月22日 日曜日のタイムテーブル

2日目は初日よりも若干早い10時15分からWelcom Actがスタートします。その後チキンナゲッツが15分間のステージを披露し、各アーティストのステージに移ります。
2日目のタイムテーブルは下記の通りです。

10:55 Little Black Dress
11:35佐藤千亜妃
12:25山本彩
13:25 Reol
14:25安藤裕子
15:25岸谷香
15:55中川翔子
17:10伊藤蘭
18:15ゴスペラーズ
19:25 MISIA

2日目は初日と比較すると出演アーティストが多めになっています。またMCの武田真治さんが16:30から15分間ステージに登場することになっており、こちらのパフォーマンスも要注目です。
 

宗像フェス ~FUKUTSU KOINOURAのチケット購入方法

宗像フェス2019のチケットはローソンチケットから購入することができます。公式サイトへアクセスし、「Get Tickets!」というボタンからローソンチケットの画面に移動することができます。そのほかチケットぴあやイープラス、楽天チケットなどからも購入可能なので、自分の好みのサービスを利用するようにしましょう。

また、宗像フェスはチケットの種類が数種類あり、自分がどのような形でフェスを楽しみたいかによって購入するチケットがことなります。チケットの1つ目はVIPチケットです。ステージの正面に専用テントが立てられており、スタンディングの席もあります。フリードリンクやオフィシャルグッズも付いますが、値段は1日券が2名で¥100,000、1名の場合は¥60,000と割高になっています。

また、エコチケットと呼ばれるチケットがあり、来場者を対象に環境体験プログラムに参加できるチケットも準備されている点も宗像フェスの大きな特徴となっています。
 

ブロック指定はできる?

宗像フェスは一般チケットが2種類に分かれています。前方でフェスを楽しめるブロック指定チケットと後方でゆっくりライブを楽しむフリーゾーンチケットがあり、チケットの値段についてはフリーゾーンチケットの方がブロック指定チケットよりも¥1,000ほど安くなっています。

ブロック指定とは

ブロック指定チケットは前方でフェスを楽しむことができるチケットです。今年の宗像フェスは花道があり、アーティストを間近で見たいという人にブロック指定チケットはおすすめです。また、ブロック指定チケットを持っていればフリーゾーンにも入場が可能となります。

2日通しチケットはある?

宗像フェスに両日参加したいという人には2日間通しチケットがおすすめです。ブロック指定チケットとフリーゾーンチケットで2日間通しチケットがあり、金額としても¥1,000ほどお得になっています。ブロック指定ゾーンとフリーゾーンのどちらでフェスを楽しむか検討してからチケットを購入するようにしましょう。

宗像フェス ~FUKUTSU KOINOURAのグッズ情報

宗像フェスはグッズの品ぞろえが非常に豊富です。特にTシャツは10種類あり、シャツの色も白、黒、グレー、紫など自分の好きなカラーから選ぶことができます。値段も¥3,000と購入しやすい金額となっており、フェスを楽しむための必須グッズとなっています。

Tシャツ以外の商品であれば、ラバーバンド、パーカー、ショートパンツ、タオル、キャップ、マルシェバッグ、ネックストラップがあります。どれも魅力的なデザインになっているので、是非一度公式サイトを確認することをおすすめします。
また、宗像フェスのグッズはフェス前に公式サイトから注文することが可能です。商品を選択し、支払い方法を選択することでグッズが購入することができるため、現地で支払いの必要がないというメリットがあります。

しかし、購入した商品は全て会場での引き渡しになっています。そのため、フェス前に商品が手元に届くことがないので注意が必要です。また、注文確定後の変更やキャンセルはできないので、その点も考慮した上で事前にグッズ購入の申し込みをするのか決定しましょう。
 

宗像フェス ~FUKUTSU KOINOURAのおすすめアクセス方法

宗像フェスへのアクセスについてはシャトルバスを利用するか専用の駐車券を購入し、車でアクセスするのかの2パターンです。
シャトルバスについては行きはJRの福岡駅から出発し、運行時間は8時から15~20分間隔で運行しています。帰りのバスは正面ゲート前からJRの福岡駅まで15分~20分間隔で運行しています。
福岡駅から会場までの時間は15~20分となっており、それほど遠くはありません。
 

駐車場はある?台数制限は?

宗像フェスは車で会場にアクセスすることが可能です。しかし、車での参加を考えているという人については宗像フェスオフィシャルショップにアクセスし、駐車券購入を事前に申し込んでおく必要があります。

また、駐車場が2種類あり、会場内の一番近いエリアにああるプレミアム駐車場と会場内にありゲートまで5分程度で行くことができるベーシック駐車場から選択できます。
価格はプレミアム駐車場が¥5,900、ベーシック駐車場が¥4,900です。車でのアクセスを考えているという人はチケットサイトから売り切れていないか確認するようにしましょう。

また、入庫時間が8時30分~13時まで、出庫時間が17時~22時までとなっているのでその点も注意するようにしましょう。
 

まとめ

この記事では宗像フェス2019の出演アーティストやチケット情報、グッズ方法、アクセス方法などの情報についてみてきました。
宗像フェスには有名アーティストが多数参加し、ステージは大いに盛り上がります。宗像フェス2019には氣志團やファンキー加藤、きゃりーぱみゅぱみゅ、ゴスペラーズ、MISIAという大物アーティストの参加が決定しています。

また、宗像フェスの最大の魅力は2日間で7,000発以上打ち上げられる花火です。出演アーティストの歌に合わせて打ちあがる花火は迫力があり、他のフェスにはない楽しみとなっています。
フェスに参加したいという人はチケット情報やグッズ情報、アクセス情報も併せて参考になっていれば幸いです。

宗像フェス2019に参加される人は大いに盛り上がり、フェスを楽しみましょう。

タイトルとURLをコピーしました