Sunset Live 2019の開催地は糸島!アクセスや楽しみ方をご紹介

イベント

Sunset Live(サンセットライブ)とは

Sunset Live 2019は糸島で開催され、複数のアーティストが出演する音楽イベントです。ステージは6つ用意されており、そのうち3ステージでアーティストが音楽を演奏し、残りのステージではイベントなどが開催されます。

ステージはもちろんですが、屋台などもかなり出ており、イベントの当日は島全体がお祭りのような雰囲気となり、とてもにぎやかです。

そんなSunset liveにはメジャーではないアーティストから誰もが知っている全国で活躍しているアーティストまで様々な人が参加して、毎年大いに盛り上がりを見せます。

Sunset Live(サンセットライブ) のイベント概要

ここではSunset live(サンセットライブ)がどのようなイベントなのかについてヒストリー、コンセプト、雨天の場合の対応に分けてみていきます。

ヒストリー

Sunset Live は歴史ある音楽イベントであり、2019年で27回目を迎えます。元々は主催者が糸島のサーフポイントに「Beach Café Sunset」を開業し、音楽を通して、糸島の自然のすばらしさに目を向けてもらい、次世代へ残したいとの想いで1993年から始まったのがSunset liveになります。

コンセプト

Sunset Liveの合言葉は「Love & Unity ~大いなる自然とその恵みに感謝~」です。この合言葉のもと、今回で27回目の開催を迎えることになりました。

また、Sunset liveのコンセプトの1つは、手作りにこだわっているということです。音楽のみでなく、より幅広い年代の方に楽しんでもらえるように地元関係者、ボランティア、そのほかの協力者と主催者の会社と協力会社の従業員が主体となり、開催の運営を行っています。

雨天決行

Sunset Live 2019は雨天決行となります。荒天の場合は中止となっていますが、よほどのことがない限り中止になる可能性は低いです。

また、チケットについては天候などにより途中で終了の場合は払い戻しがされることはありません。当日の天候まで注意してライブに参加するようにしましょう。

Sunset Live(サンセットライブ) 2019の開催情報

Sunset Live 2019は歴史もあり、数多くのアーティストが出演するビッグイベントとなっています。

ここではそんなSunset Live 2019の開催情報として、開催日時、開催場所、アクセス情報についてまとめていきます。

開催日時

Sunset Live 2019の開催日時は2019年9月7日(土)、8日(日)の2日間となります。
開場時間は11:00となっており、開演が11:30、終演が20:00の予定となっています。

開催場所

Sunset Live 2019の開催場所は福岡県の糸島にある芥屋海水浴場・キャンプ場 特設ステージとなります。この特設ステージは海もありますし、森もある自然豊かな場所になっています。

アクセス

Sunset Liveへアクセスする方法は多くあり、公共交通機関、シャトルバス、定額タクシー、車・バイクで向かうことができます。

公共交通機関を利用する場合は、福岡市営地下鉄で筑前前原駅前北口から昭和バスを利用することで、Sunset Liveのライブ会場に行くことができます。

また、シャトルバスと車の情報は下記の通りです。

シャトルバス

Sunset Liveのためにお得なシャトルバスが運行されます。シャトルバスについては福岡都心部の博多駅・天神発着となっており、バスの料金は片道分で1,800円となっており、事前予約が必要となります。

天神から会場にアクセスができるということでシャトルバスは非常に便利ですよね。

Sunset Liveの会場には車で行くことができます。車で向かう場合は、西九州道の前原ICで下車します。

車で会場へ行く際に注意しなければならないのは、駐車場です。会場周辺には有料駐車場があり、現地払いで料金は決まっていませんが、1,000円前後となっています。

Sunset Live(サンセットライブ) 2019の出演アーティスト

Sunset Live 2019の出演者はすでに発表されており、今年も数多くの有名アーティストの出演が決定しています。

初日には人気アーティストであるKing GnuやSANBAGUN.が登場するのに加え、全国でツアーを開催する湘南乃風のHAN-KUNやMONKEY MAJIKの出演も決まっており、多くの人が集まることが予想されます。

2日目の注目はなんといってもくるりです。彼らがどんなステージを繰り広げるのかに大きな注目が集まります。また、2018年のSunset Liveでもステージを大いに盛り上げたnever young beachの登場や、YUKUSHIMA TREASUREとして水曜日のカンパネラの登場も決まっています。

2日目も見逃せない大物バンドが集まっていますよね。

Sunset Live 2019への出場アーティストは下記の通りです。
 

  • 9/7(土)

Attractions、Awesome City Club、King Gnu、ゴリパラ(ゴリけん&パラシュート部隊)、SANABAGUN.、Sister’s Edge(Keyco×COMA-CHI×CHAN-MIKA)、TENDRE、Tempalay、DJ SHOTA-LOW(ABOUT MUSIC/PLAG)、DYGL、TOMOYUKI TANAKA(FPM)、HAN-KUN、FREAK、ペトロールズ、MONKEY MAJIK、RHYMESTER、LUCKY TAPES、ReN

  • 9/8(日)

折坂悠太(合奏)、iri、カネコアヤノ、KID FRESINO、くるり、SIRUP、SKY-HI×SALU、STUTS、CHAI、中村佳穂、前野健太、向井太一、never young beach、BananaLemon、MONJYU(ISSUGI,Mr.PUG,仙人掌)、YUKUSHIMA TREASURE(水曜日のカンパネラ×オオルタイチ)、YASUSHI IDE presents THE MILLION IMAGE ORCHESTRA、yonawo

Sunset Live(サンセットライブ) 2019のタイムテーブル

Sunset Live 2019の特徴はステージが6つあることです。それぞれのステージで出演するアーティストや開催されるイベントが異なるので、自分が見たいアーティストは事前に確認しておく必要があります。

ここではタイムテーブルを紹介しますが、紹介するのはアーティストが出演する、Palmステージ、Beachステージ、森のステージの3つとなります。そのほか3つのステージはアーティストの出演はありません。

また、Sunset live 2019は2日間のため、それぞれの日にちに分けてタイムテーブルを紹介します。
 

  • 9/7(土) Palmステージ

11:30 Go! Go! Sunset Players!!!
12:25 DJ SHOTA-LOW(ANOUT MUSIC/PLAG)
13:25 ゴリパラ(ゴリけん&パラシュート部隊)
14:25 FREAK
15:30 ReN
16:40 HAN-KUN
17:50 TOMOYUKI TANAKA(FPM)
19:10 RHYMESTER

  • 9/7(土) Beachステージ

11:15 The Sunset Hula Sisters
11:30 Awesome City Club
12:55 DYGL
14:20 Sister’s Edge(Keyco×COMA-CHI×CHAN-MIKA)
15:55 MONKEY MAJIK
17:30 King Gnu
19:05 ペトロールズ

  • 9/7(土) 森のステージ

12:15 LUCKY TAPES
13:45 Attractions
15:15 TENDRE
16:50 Tempalay
18:30 SANABAGUN.

  • 9/8(日) Palmステージ

11:30 Go! Go! Sunset Players!!!
12:35 KID FRESINO
13:35 STUTS
14:35 MONJU(ISSUGL,Mr.PUG,仙人掌)
15:55 iri
17:25 YAKUSHIMA TREASURE 水曜日のカンパネラ×オオルタイチ
19:05 SKY-HI×SALU

  • 9/8(日) Beachステージ

11:50 向井太一
13:15 CHAI
14:50 never young beach
16:30 くるり
18:20 YASUSHI IDE presents THE MILLION IMAGE ORCHESTRA

  • 9/8(日) 森のステージ

11:30 yonawo
12:45 折坂悠太(合唱)
14:15 中村佳穂
15:45 カネコアヤノ
17:15 前野健太
18:45 SIRUP

Sunset Live(サンセットライブ) 2019のチケット情報

Sunset live 2019は盛り上がること間違いなしのビッグイベントで、チケットの販売もすでに開始されています。チケットは公式サイトとチケットぴあから購入ができ、予定枚数に達した段階で発売終了となります。

ここではチケットの購入情報について具体的にみていきます。

販売日

Sunset live 2019のチケットの販売期間は、2019/7/15(月・祝日)~9/8(日)18:00までとなっています。販売期間は比較的長めとなっており、当日券も販売されています。

注意しなければならない点は、二日通し券についてはすでに売り切れており、販売されているのは単日券のみという点です。

今後売り切れとなる可能性は低いと予想されますが、なるべく早めにチケットを購入しておくことをおすすめします。

種類と料金

Sunset live 2019のチケットには3種類あります。1つ目が単日大人券です。これは購入する人が最も多いチケットとなっており、金額は1枚あたり¥7,500です。当日券になると料金が¥8,500となるため、注意が必要となります。

単日大人券については8/16(金)時点で先行販売のチケットもまだ売り切れておらず、金額も¥7,000と安くなっているので、確認することをおすすめします。

2つ目はナイト券です。このチケットは17:00以降の入場が可能となる券で、注目アーティストが多く出演する時間のみ会場に行きたいという人におすすめです。料金は一般販売で¥6,000、当日券は¥7,000となっています。

3つ目のイベントは中高生券です。料金は一般販売で¥4,000、当日券で¥5,000となっています。しかし、中高生券のチケットについて一般販売のチケットを購入する際に注意が必要となります。

理由としては、Webでチケットを購入する際には一般の大人と同金額を支払う必要があり、公演当日に学生証を提示することで、チケット料金の¥4,000との差額をキャッシュバックされるという形式だからです。

当日券であれば、その場で学生証を提示するのみで問題ありませんが、事前にチケットを購入する場合は間違いのないようにしましょう。

Sunset Live(サンセットライブ) 2019の会場情報

Sunset liveは音楽を楽しむイベントですが、同時に家族や仲間と一緒に宿泊したり、出店しているお店で美味しい食べ物を食べたりと様々な楽しみ方があります。ここでは出店と宿泊についての詳細をみていきます。

出店

出店についてはフードの出店が21店舗、グッズの出店が5店舗出店することが決定しています。

フードについては食べ歩きをしながらフェスを楽しむことができる食べ物が多く、ハンバーガーやホットドッグなどがあります。また、九州の料理を出しているお店もあり、沖縄ソーキそばであったり、みやざき地頭鶏炭火焼きなどのメニューもあります。

宿泊

宿泊については、糸島でのキャンプや周辺の宿に泊まるという人もたくさんいます。ここではそれぞれの宿泊方法についてみていきます。

オートキャンプ

オートキャンプはSunset liveでも人気の宿泊方法です。施設内には炊飯棟や洗面棟(トイレ)が設置されており、バーベキューを楽しむこともできます。家族や友達と楽しい時間を過ごせること間違いなしです。

バンガロー

周辺施設に宿泊することが可能な施設もあります。周辺施設についてはホームページをもっている施設もありますが、直接電話をする必要のある場所もあります。ライブ当日は混雑が予想されるので、事前に確認しておくといいでしょう。

Sunset Live(サンセットライブ) 2019の楽しみ方

Sunset liveは、家族や仲間など様々な人と楽しむことができるフェスとなっています。自分の大切な人と楽しい時間を過ごせるのはうれしいですよね。

家族で楽しむ

Sunset liveは子連れでも参加でき、小学生以下であれば無料になります。また、小さいお子様と来場される場合は託児所もあります。中高生であれば学生割もあり、料金としても安くなり、家族で楽しむことができるイベントになっています。

ステージ後方で楽しむ

フェスといえば最前線で盛り上がるという印象が強いかもしれませんが、Sunset liveはステージ後方でゆっくり楽しむこともできます。レジャーシートを敷いたり、テントから音楽を楽しんだりと様々な楽しみ方があるのもSunset liveのいいところです。

出演者として楽しむ

Sunset liveにはオーディションがあり、参加しようと思えば、出演者としてステージに立つこともできます。また、イベントもあるため出演者として楽しむことも可能です。

スタッフとして楽しむ

Sunset liveはボランティアとして参加し、運営を手伝うことも可能です。Sunset live 2019に限っていえば、すでにスタッフが定員に達している仕事もありますが、スタッフとして働きたいという人は一度問い合わせをしてみるといいかもしれません。

過去のSunset Live(サンセットライブ)の振り返り

Sunset liveは2019年で27回目となる歴史あるイベントです。ここでは過去2年間のタイムテーブルや出演者を振り返ります。

Sunset Live(サンセットライブ) 2018

Sunset live 2018は大いに盛り上がり、たくさんのアーティストが出演しました。ここでは出演者情報をまとめます。

出演アーティスト

2018年についてはSunset live 2019にも出演が決まっているKing Gnuやnever young beachが大いにステージを盛り上げました。また、全国のフェスでも活躍している水曜日のカンパネラやOKAMOTO’Sなども出演するなど、かなり豪華なラインナップであったことがわかります。

Sunset Live(サンセットライブ) 2017

Sunset live 2017も人気のアーティストが多数出演したことで盛り上がりを見せました。ここではSunset live 2017の中でも目立った出演者についてみていきます。

出演者

この年最も注目を浴びたのは平井大のステージです。2015年以降人気が高まっていた平井大の登場で会場は湧き、夏のビーチでゆっくりとした時間を過ごしました。

この年は平井大以外にもペトロールズやsuchmosも出演し、ステージを盛り上げました。

まとめ

この記事ではSunset live 2019の出演アーティストやチケット情報、Sunset liveの楽しみ方や過去の出演アーティストについてみてきました。

Sunset live 2019は糸島で開催される島ぐるみのビッグイベントで盛り上がること間違いなしです。参加アーティストの音楽を楽しんだり、家族や仲間との素敵な時間を過ごしたいという人におすすめとなります。

この記事がSunset live 2019について気になっている人の参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました