Armin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)の魅力とは?プロフィール・エピソード・人気曲を一挙紹介

Armin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)DJ紹介
  1. Armin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)とは?
    1. Armin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)の本名
    2. Armin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)の生年月日
    3. Armin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)の出身地
    4. Armin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)の学歴
    5. Armin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)の活動期間
    6. Armin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)の兄弟
  2. EDM・ダッチトランス界を代表する超大物DJ
    1. DJ Magで過去に5回も1位に輝いた実力者!
  3. 音楽づくりに目覚めたのは10歳の頃
    1. 大学在学中にDJ活動を開始
    2. 19歳でリリースした曲が大ヒット
    3. 影響を受けた人物は「Jean Michel Jarre(ジャン・ミッシェル・ジャール) 」
    4. 「This Is What It Feels Like」がグラミー賞にノミネート
  4. レコードレーベル「Armada Music」の創設者
    1. 名だたるトップアーティストをプロデュース
  5. ラジオ番組「A State of Trance(ア・ステート・オブ・トランス)」
    1. 84カ国のFMラジオで放送中
  6. Armin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)の人気の理由
    1. 圧巻のライブパフォーマンス
    2. ファン思いの優しい人柄
  7. Armin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)のスターエピソード
    1. 各国のフェスでヘッドライナーに抜擢
    2. オランダ新国王の即位式典でDJプレイ
    3. マダム・タッソー館に蝋人形が登場
    4. ポータブルDJサウンドシステムを共同開発
  8. Armin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)の年収
    1. 移動はプライベートジェット
    2. 愛車はジャガー Fタイプ
  9. Armin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)の人気曲
    1. Blah Blah Blah
    2. Great Spirit
    3. This Is What It Feels Like
    4. Ping Pong
    5. Together [In State Of Trance]
  10. Armin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)が販売した楽曲一覧
    1. シングル
    2. アルバム
  11. Armin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)のライブ情報
    1. 今後の来日情報
    2. 2018年までの来日情報
  12. まとめ

Armin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)とは?

DJ人気ランキングトップ3の最長記録を持つDJ/プロデューサーで、超エリートと言われる学歴や桁外れの年収、人柄の優しさや王子様的なルックスといった魅力を持つアーティストがArmin van Buuren (アーミン・ヴァン・ブーレン)です。

音楽にかける情熱が凄まじく、倒れるまでDJに没頭するほどの集中力、ステージのライティングを本人が自由に操作できるテクノロジーの開発など、ミュージシャンとしても底知れない努力家となっています。

Armin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)の本名

Armin van Buuren (アーミン・ヴァン・ブーレン)は、本名をArmin Jozef Jacobus Daniel van Buuren(アーミン・ヨーゼフ・ヤコブス・ダニエル・ヴァン・ブーレン)と言います。

アーティスト名義は本名を短縮したものとなります。

Armin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)の生年月日

Armin van Buuren (アーミン・ヴァン・ブーレン)は、1976年12月25日生まれの現在42歳のDJ/アーティストです。

クリスマス生まれであり、のちにクリスマスに関する楽曲もリリースしています。

Armin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)の出身地

Armin van Buuren (アーミン・ヴァン・ブーレン)の出身地は、オランダのライデンです。

日本の長崎も姉妹都市として制定されており、オランダはクラブミュージックが盛んなDJ大国としても有名となっています。

Armin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)の学歴

Armin van Buuren (アーミン・ヴァン・ブーレン)は、日本でいう東大に当たるオランダの名門ライデン大学の法学部出身で、弁護士を目指していました。

DJ活動のため一度休学したものの、将来の用心を考えて復学してDJ活動を続けながら卒業した根性を持っています。

Armin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)の活動期間

Armin van Buuren (アーミン・ヴァン・ブーレン)は、1995年よりDJ活動をはじめ、現在も活動を続けています。

キャリアにして24年になる大ベテランとしてシーンを牽引している大御所的なポジションに居ます。

Armin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)の兄弟

Armin van Buuren (アーミン・ヴァン・ブーレン)は弟にギタリストでもあるEller van Buuren (エレール・ヴァン・ブーレン)が居ます。

兄弟での共演もこなしたことがあり、音楽好きな家系となっています。

EDM・ダッチトランス界を代表する超大物DJ

トランスシーンの黎明期より活動しているDJでもあり、EDMが流行した年代に人気が沸騰しました。

オランダを代表し、世界を牽引するほどの存在となり、ダンスミュージックシーンでは神として賞賛されているDJです。

1回のプレイで6時間以上プレイすることも多く、タフなDJとしてクラブの聖地イビサを中心にイベントを盛り上げてきました。

楽しそうなプレイスタイルと巧みな選曲スタイルでその人気を確固たるものにし、レジェンドとして君臨するほどになりました。

DJ Magで過去に5回も1位に輝いた実力者!

世界の人気DJランキング「DJ MAG TOP 100 DJs」において、2007年、2008年、2009年、2010年、2012年と5度も1位に輝きました。

トランス界で過去最高位にあたり、ダンスミュージックシーントータルでも前人未到の5度の1位ということで、確かな実力が証明され伝説的なDJとしての存在感を誇示しました。

音楽づくりに目覚めたのは10歳の頃

Armin van Buuren (アーミン・ヴァン・ブーレン)は1990年、14歳の頃より作曲活動を始めました。

現在は自身によるトラックメイクの方法論を綴った書籍も出版されていますが、情報の薄かった当時は持ち前の頭脳と努力で音楽制作を学んで行きました。

現在ではテックハウスにアプローチした楽曲が多くリリースされていますが、当時はダッチトランスを中心としたトラックメイキングで、クラバーライクな作品を手がけていました。

大学在学中にDJ活動を開始

ライデン大学で法律を勉強しながらトランスDJとしてのキャリアをスタートさせたArmin van Buuren (アーミン・ヴァン・ブーレン)は、オランダの地元クラブを中心に着々と知名度を高めて行きました。

復学してからも学業と両立しながらロングプレイのDJをこなすなど、命がけのパフォーマンスを行ってきました。

19歳でリリースした曲が大ヒット

19歳の時にリリースしたシングル楽曲「Blue Fear」「Communication」が大ヒットを記録し、Armin van Buuren (アーミン・ヴァン・ブーレン)の名前が知れ渡りました。

トランスの中でもアンダーグラウンドテクノのようなグルーヴィーな雰囲気で、トランスの持つ酩酊感を味わう事の出来る、彼自身の原点とも言える作品となっています。

影響を受けた人物は「Jean Michel Jarre(ジャン・ミッシェル・ジャール) 」

Armin van Buuren (アーミン・ヴァン・ブーレン)は、シンセサイザーやキーボードプレイヤーとして有名であったフランスのエレクトロミュージシャンJean Michel Jarre (ジャン・ミッシェル・ジャール)から影響を受けました。

楽曲制作を始めたきっかけの人物であり、自身の音楽でもシンセサイザーが多用されています。

「This Is What It Feels Like」がグラミー賞にノミネート

Armin van Buuren feat. Trevor Guthrie – This Is What It Feels Like (Official Music Video)

2014年にTrevor Guthrie (トレバー・ガズリー)をフィーチャーして作曲した「This Is What It Feels Like」がグラミー賞最優秀ダンス・レコーディング賞にノミネートされました。

現行のEDMの流行に近いエレクトロハウストラックで、トランスのシンセサイザーとの融合を果たした疾走感のある作品に仕上がっています。

レコードレーベル「Armada Music」の創設者

Armin van Buuren (アーミン・ヴァン・ブーレン)が主宰を務め、Maykel Piron(マイケル・ピーロン)、David Lewis(デヴィット・ルイス)らとともに「Armada Music」というレコードレーベルを創設しました。

オランダを中心とした超大型EDMレーベルとして数多くのリリースを放ちました。また「Armada Night」というイベントを主催し、アムステルダム、ロンドン、ニューヨーク、ジャカルタ、日本など世界各地でトランスやEDMのシーンを盛り上げてきました。

名だたるトップアーティストをプロデュース

同レーベルは、現在のEDMシーンで活躍しているAfrojack(アフロジャック)やFedde Le Grand(フェデ・ル・グランド)、ハウスシーンの伝説的存在ATFC(エー・ティー・エス・シー)やBob Sinclar(ボブ・サンクラ―)など名だたるトップアーティストをプロデュースし、リリースのサポートを行っています。

ラジオ番組「A State of Trance(ア・ステート・オブ・トランス)」

オランダのラジオで毎週木曜日中央ヨーロッパ時間20時から2時間「A State of Trance (ア・ステート・オブ・トランス)」が放送されています。

主にトランスミュージックのノンストップミックスを放送し、時にはホストArmin van Buuren (アーミン・ヴァン・ブーレン)のライブやトランスDJとの対談についても放送しています。

日本のダンスミュージックラジオ局「block.fm」でも、毎週水曜の午後6時から午後8時まで拝聴が可能となっています。

84カ国のFMラジオで放送中

現在放送回数は870回を越え、全世界84カ国のFMラジオから聴くことができるようになっています。

またラジオのコンピレーションとして同名のアルバムでが売されており、凝縮された内容のミックスを楽しむ事が出来ます。

Armin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)の人気の理由

EDM大国としても有名なオランダでは知らない人はいないほどに英雄的な扱いで人気を集めているArmin van Buuren (アーミン・ヴァン・ブーレン)ですが、そんな人気を獲得するに至った理由について解説します。

圧巻のライブパフォーマンス

楽しそうな表情でDJプレイをすることもArmin van Buuren (アーミン・ヴァン・ブーレン)の魅力の一つで、ステージ上ではパワフルな動きでオーディエンスを盛り上げます。

またその際腕の動きと連動させてライティングを操作できるシステムを開発しており、音楽とぴったりマッチングした照明でフロア全体を一体感に包み込むパフォーマンスを可能にしています。

大型野外フェスティバルには欠かせない圧巻のステージングも人気を集める要因となっています。

ファン思いの優しい人柄

Armin van Buuren (アーミン・ヴァン・ブーレン)は、お客さんやファンに対して花火やゲストなどのサプライズを準備したり、自らに求められているものをしっかり提案することに尽力しています。

夢を叶えるためには人にやさしくすること、と公言するほど優しさを大事にすることをモットーとした人柄で、多くの後輩や家族からも慕われています。

誰かに尽くすことを念頭に音楽活動をしていることで自然と多くのフォロワーが集まるようになっています。

Armin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)のスターエピソード

クラブミュージックの盛んなオランダを代表するDJ/アーティストとなったArmin van Buuren (アーミン・ヴァン・ブーレン)には数々の輝かしいエピソードがあります。

DJとして、アーティストとして、ラジオ番組のホストとして、レコードレーベルの代表として、数々の偉業を成し遂げて破格の年収を手にするようになった今現在も精力的に音楽活動を続け、生きる伝説とまでなった彼のスター性について迫って行きます。

各国のフェスでヘッドライナーに抜擢

EDM世界三大フェスでもある「Ultra Music Festival」「Tomorrowland」「Electric Daisy Carnival」において、Armin van Buuren (アーミン・ヴァン・ブーレン)はその全てでヘッドライナーを務めた経験があります。

ダンスミュージックの祭典においても頂点の存在として会場を熱狂させるパワーを秘めています。

オランダ新国王の即位式典でDJプレイ

オランダ新国王の即位式式典において、オランダ全国民が見守る中オーケストラと共にステージに上がり、DJプレイを披露しました。

日本でも一時話題となり、オランダのクラブミュージックの生活への浸透度が伺えるエピソードとなりました。

そんなオランダ王室も認めるほどのカリスマ性を備えているDJであることも魅力的です。

マダム・タッソー館に蝋人形が登場

アムステルダムにある「マダム・タッソー館」に、本人と見間違うほど精巧に作りまれた蝋人形が展示されています。

DJブースも付いている仕様で、ジョニー・デップやアンジェリーナ・ジョリーと肩を並べています。

またその人気ぶりで記念切手も発売されるなど、ダンス大国と言われるオランダならではの手厚い支持を得られています。

ポータブルDJサウンドシステムを共同開発

大手音響機器メーカーフィリップス社と共同で「M1X-DJ」というポータブルサウンドシステムを開発しました。

DJコントローラーとスピーカーが一体になったシステムで、iPadなどの画面からも立ち上げることができます。

持ち運びにも便利ながらハイクオリティーなサウンドを奏でるハイスペックな機材となっており、DJや機材ファンからの注目を集めました。

Armin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)の年収

Armin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)はDJの年収ランキングトップ10の常連でもあり、推定年収が約17億円と言われています。

イベント出演の際のギャランティーは最低でも600万円からで、規模によっては1200万円ともなっています。

相当数のイベント出演をこなしているので業界トップクラスの年収をたたき出す結果となっています。

移動はプライベートジェット

基本的に見せびらかすのを嫌う謙虚な性格のため、リッチでセレブな生活については非公開としていますが、世界ツアーなどで移動する際には「Armin Only」と機体に描かれたプライベートジェットに乗って移動します。

愛車はジャガー Fタイプ

Armin van Buuren (アーミン・ヴァン・ブーレン)も多くのセレブDJ同様にスーパーカーのファンであり、最高時速300kmまで出せるジャガー・Fタイプを愛車としています。

2015年まではジャガー・EX Sタイプを愛車としていました。

Armin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)の人気曲

そんなトランス界のレジェンド、Armin van Buuren (アーミン・ヴァン・ブーレン)の人気曲について紹介していきます。

どれもクラブアンセムとして現在でも現場で多くのDJにプレイされている楽曲となります。

Blah Blah Blah

Armin van Buuren – Blah Blah Blah (Official Lyric Video)

Youtube視聴回数のべ3億回を越えているクラブアンセムです。

どこかキュートさのあるボーカルとトランシーでタイトなテックサウンドが融合した不思議な楽曲で、フロアで大合唱が起こるほどの人気を誇っています。

Great Spirit

Armin van Buuren vs Vini Vici feat. Hilight Tribe – Great Spirit (Extended Mix)

サイケデリックトランスユニットVini Vici(ヴィ二・ヴィシ)、トランスバンドHilight Tribe(ハイライト・トライブ)をフィーチャーした楽曲です。

アフリカンな雰囲気から高揚感を高めていくトランスとEDMが融合した楽曲となっています。

This Is What It Feels Like

Armin van Buuren feat. Trevor Guthrie – This Is What It Feels Like (Official Music Video)

アップテンポなダンスナンバーで、クラブフロアのピークタイムにもプレイされる定番曲ともなった大ヒット曲です。

アーミンの近年を代表する作品ともなっており、メロディアスさに特化した新境地とも言える作品となっています。

Ping Pong

Armin van Buuren – Ping Pong (Official Music Video)

Armin初期作品を彷彿とさせるメロディーラインが特徴的なエレクトロテックハウスです。

ビッグルームサウンドとしても人気が高く、日本のクラブシーンでも流行したインストゥルメンタルヒット曲となっています。

Together [In State Of Trance]

Armin van Buuren – Together [In A State Of Trance] (Official Music Video)

Armin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)自身も盛り上がる曲として挙げている楽曲で、ラジオ放送700回目の放送記念として制作された楽曲となっています。

まさにトランスとEDMが融合したフロアユースなサウンドとなっています。

Armin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)が販売した楽曲一覧

シングル

Push (1996)

EP (1996)

Blue Fear (1997)

Lost Soul Society (1999)

Communication (1999)

Sunburn (2002)

Serenity (Sensation White Anthem 2005) (2005)

Sail (2006)

Control Freak (2006)

Rush Hour (2007)

In And Out Of Love (2008)

Full Focus (2010)

Youtopia feat. Adam Young (2011)

Orbion (2012)

We Are Here To Make Some Noise (2012)

This Is What It Feels Like feat. Trevor Guthrie (2013)

Waiting For The Night feat. Fiora (2013)

Ping Pong (2014)

The Ultimate Seduction (2016)

Blah Blah Blah (2018)

アルバム

76 (2003)

Shivers (2005)

A State Of Trance Part Two (2005)

Imagine (2008)

A State Of Trance 2008 The Full Versions (2008)

Imagine The Remixes (2009)

Mirage (2010)

Armin Only – Mirage : The Music (2011)

Mirage – The Remixes (2011)

Intense (2013)

Embrace (2015)

Oldskool (2016)

Armin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)のライブ情報

2019年5月11日、12日で渡って開催された「EDC JAPAN 2019」にも出演したArmin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)の来日情報について紹介していきます。

今後の来日情報

現在、今後の来日スケジュールは確定していません。最新の出演情報については、

Armin van Buuren (アーミン・ヴァン・ブーレン) 公式サイト
https://www.arminvanbuuren.com/

Armin van Buuren (アーミン・ヴァン・ブーレン) Instagramアカウント
https://www.instagram.com/arminvanbuuren/

Armin van Buuren (アーミン・ヴァン・ブーレン) Twitterアカウント
https://twitter.com/arminvanbuuren

からチェックすることができます。

2018年までの来日情報

2015年1月4日 「electrox 2015」@幕張メッセ、千葉

2015年9月19日「Ultra Japan 2015」@お台場Ultra Japn特設会場、東京

2017年4月30日 「EDC Japan 2017」@ZOZOマリンスタジアム、千葉

2018年9月16日「Ultra Japan 2018」@Ultra Japan 2018特設会場、東京

まとめ

今回はトランス/EDMの帝王Armin van Buuren (アーミン・ヴァン・ブーレン)について掘り下げていきましたがいかがだったでしょうか。

先日のUltra Japanでも日本のダンスミュージックファンをおおいに盛り上げ、人気健在でした。

新しい挑戦や新境地の開拓にも積極的な彼の今後の活動にも目が離せません。

タイトルとURLをコピーしました